銀色の愛

- 詩篇TOPへ -



僕には愛する人がいます

そしてその人も 僕を愛してくれています

それはとても幸せなこと
それはとても嬉しいこと

けれど

僕の愛する人には もうひとつの幸せがあります
その幸せの中に 僕は いません

それは僕がどう頑張っても

壊れないものです
追いつけないものです

どうしたらいいだろうと
僕はこの間
彼女にそう 言いました
あなたの幸せの中に
僕がいないのが 辛いと

それほど僕は
 
彼女を想っていた


彼女は僕の言葉を聞くと
静かに
とても静かに
言いました

 来週は
 私の
 誕生日よ




そういえば
僕の誕生日は いつだったろう

 あなたの誕生日は
 あさって でしょう?

 私
 あなたに
 プレゼントを贈るわ

彼女はそう言って
笑いました


 お誕生日おめでとう

二日後
彼女は
僕にナイフを くれました

彼女はただ笑っていました
危なげで儚げなナイフの光が
彼女の黒々とした瞳に重なりました

その潤んだ瞳は
僕とナイフとを 交互に見つめていました

触れば凍ってしまいそうなくらいに
冷たい色


   そ う か


僕はその日のうちに
同じナイフを探しに行きました

僕の愛する人に贈るために


誕生日を祝うのが
お互いだけしかいないこと
僕はやっと 気がついた


彼女は僕の贈り物を
とても喜んでくれました

 これで
 二人で
 幸せでいられるね

言って
彼女は笑いました

そうだね
僕もやっと 彼女と一緒に笑うことができました


そう
明日
僕らは

 新聞の社会面の片隅を ひそやかに飾ろうと思います


- 詩篇TOPへ -

Copyright(C) Toki Ninakura All rights reserved.
よろしければ、ひとことご感想をお聞かせください。 WEB拍手