春先の嫉妬

- 詩篇TOPへ -



わたしは イチゴ味が嫌い

イチゴのクリームも
イチゴのジャムも
イチゴの香りのするものさえ

そして
イチゴ
そのものも
嫌い


イチゴの向こうで 笑うから
大好きなあなたが
笑うから

「僕の恋人は イチゴときみだよ」

どっちなの?
聞いても

「どっちもさ」

笑うの
ふたまた?


あなたのキス
いつも
イチゴの味がするのよ?
気がついてる?


  シ ッ ト


わたしは イチゴ味が嫌い


- 詩篇TOPへ -

Copyright(C) Toki Ninakura All rights reserved.
よろしければ、ひとことご感想をお聞かせください。 WEB拍手