ゴメンのキモチ

- 詩篇TOPへ -



ばちぃん。
「最ッ低だよっ」



きのうの、ケンカ。
絶対 僕は謝らないって思った

だって君もずいぶん強情だったし
キスいくつぶんでも 仲直りはできないような
そんな感じだった

君の好きな
夕焼けも
今日はただ眩しいだけで
ちっとも綺麗じゃない




気がついてる?

僕はこんなにも君が気になってる



すね続けた日曜日
君からの電話はなくて


もしかしたら別のヤツと会ってる?

メールくらいよこしてくれてもいいじゃない?

……ワンコール、してみようか?


ぼんやり
ホントぼんやりとね
テレビ つけて 見てて

やっぱりね

君のことが好きだって

思うよ


どんな娘も 君にかなわないのが解ったの


電話しよう
ほら
君の好きな夕焼けが
今日も綺麗だから

見てるかな? ……見てるよね




    「――――もしもし?」


- 詩篇TOPへ -

Copyright(C) Toki Ninakura All rights reserved.
よろしければ、ひとことご感想をお聞かせください。 WEB拍手