闇の中に在るもの

- 詩篇TOPへ -



あたしの名は『堕天使』
あたしと1074番目に寝た男が
そう 名づけてくれたの

この細っこいカラダは
何度も別のオトコに
抱きしめられてきた
そのたびに 震えるのは
あたしでなくって そのすみっこにいる

堕天使じゃないあたし


  居るのは解ってるのよ

  あなたが飛びたいのも解ってるのよ


だけど
今にもちぎれてしまいそうな翼で
折れてしまいそうなリングで
飛べるわけないわ


  堕天使だもの

  ただ堕ちてゆくだけよ


今日もネオンの星の下を とびまわるの
一緒に堕ちてくれる人を捜して


- 詩篇TOPへ -

Copyright(C) Toki Ninakura All rights reserved.
よろしければ、ひとことご感想をお聞かせください。 WEB拍手