記事一覧

あ、それと。


今日中か、明日中に、
窓WILL更新します。

とりあえず書きためのうち1話分ならあげても問題なさそうだ。


怒られちゃった。


誰からって?

いやきのう、夜、唐突に携帯にメールが入ってね。
「なんで窓WILLが85話で止まってんだっ!!」という
友人からのね、ありがたいお叱りのメールでね。

窓WILL、最終更新がもう2年前ですから、
終わってるもんと思って読んだんでしょうね彼女。
いやァ……申し訳ない(;´∀`)
でもねとっても嬉しかったんですよ。
感想とか、このタイミングでもらうとは思わなかったし、
なにより続きをこんなにも待ち望まれてると思うとね。

書きためは2話分ありますが、展開迷ってるのは事実です。
でも、本当に、近いうち復活させたいな。
そのくらいのキャパは持っていたいです(笑)


明日は弟の結婚式で、翌日は1日空きです。
なんかしたいな。せめてトップの更新だけでも!


眠れない夜に少し考える


10代最後に書いた作品『クリスタルソルジャーズ』。
いまこれは加筆修正のためにサイトから下げているので、
ストーリーが完全に頭に入っているとか
そうでなくてもある程度の概要は語れるとか
そういった方はもうだいぶん少なくなっていると思われます。
そもそも自分自身が若干自信ないわww

まァかんたんに語れば
地球人の【心】を次々抜き取って
【アンハート】と呼ばれる無気力人間にしようと企む宇宙人と戦う、
クリスタルに選ばれた7人の文化系高校生たちのお話。です。


きょう、ふいに、あぁそういやアンハートって
鬱病みたいなもんなのかなあと思ったのであります。
そうして同時に、いまの自分てどっかアンハートだよなあと思った。
気力なくって、ひどく疲れてて、目が死んでて。
(や、ホントに目が死んでるかどうかは解んないけど)

『クリスタル』のメンバーは、持ち前の明るさと若さとで、
クリスタルの助けも借りながら、敵に立ち向かって、
そうして自分自身の心も見つけていって、最終的には、勝った。
それが10年前の自分の書いたもの。
いまはどうだろう。どうなんだろう。
彼らにはそれぞれモデルにした人がいて、実は(ってほどでもないが)
自分をモデルにしたキャラクターも、いる。
とんだメアリー・スーだとは思うけど、大人になった彼女を主人公に、
もう一度、戦わせようかと考えてもいた(今も、少し、考えている)。
いまの自分にそれができるだろうか。
自分は誰かを守るために戦える心を、まだ持っているんだろうか。

あのころは本当になにも考えていなかったのだけど、
【人の心】というひどく重いテーマを柱に持ってきてしまって。
そのしわ寄せ……というか、なんだろう、理想と現実の乖離というか。
なんか皮肉なもんだよなあと布団の中でゴロゴロしながら思う。

うまく言えないな。
このままだと、なんか、自分、いろいろどっか壊れそうな気がして、
なんかしら吐きたかったのだけど、思いついたのがコレだった。
戻りたい、と思うことはあるけれど、完全に戻ってしまうよりは、
あのころ持っていた情熱をほんの少し思いだしたい、そんな気持ち。


眠れない日々が続いている。
なにしろ布団に入っても4時くらいまで目が冴えて気がつきゃ朝だ。
たぶん今夜もそうなんだろう。


ページ移動